太陽光発電は、東日本大震災後の原発事故の影響で、現在も注目を集めている。
そして、電力買い取り制度もあって、一般家庭でも太陽光発電システムを取り付ける家が増えている。
また、新築住宅等では、この太陽光発電システムがついていることが一つのセールスポイントになっていて、最近のトレンドになっている。
それくらい今は、太陽光発電が当たり前化してきているのである。
それに伴って、これまでは国産メーカーのほぼ独壇場だったこの太陽光発電システムに、海外メーカーが日本国内にも多く入ってくるようになった。
もちろん、国産メーカーに劣らぬ技術を持ったメーカーもあるが、やはりそうでないメーカー中国等の格安ブランドも増えてきているようだ。
太陽光発電システムは、初期投資に100万円から200万円(規模によってはそれ以上)の費用がかかります。
その初期投資費用を回収する為には、早くても7、8年、一般的には10年くらいの期間が必要になると言われています。
つまり、初期投資額を回収することを前提とした場合は、10年間くらいはある程度の発電性能を維持することが求められるわけです。
そして、もちろん、その間に故障等がほとんど起きないことが前提になります。
その為、太陽光発電システムは、信頼できるメーカーの物、そしてしっかりとしたアフターサービス(長期保証)がついているものを選ぶことが重要になってきます。
実際に、取り付けたら10年以上(多くの場合は、その家を取り壊すまで)設置することになります。
そうした場合は、本当に長い空いた性能を維持できる性能が、重要になってきます。
しっかりと自分で納得のいく製品を選ぶようにしましょう。