太陽光発電をすると、まずメリットとして思い浮かぶのは、昼間の発電した電気を追う額に買い取ってもらえると言うことです。
もう何年か前から屋根貯金という言葉が流行りだしているのは、そのことからです。
しかも太陽光発電機器の価格が、需要量の増大から安価になり、システムの機能は良くなっているという現代の状況は、容量の大きい発電機器の据え付けができたり、価格を安くして取り付けられるのでローン負担が小さかったりなどの屋根貯金貢献度を高くしていると言えます。
そのための特別低い金利のローンを利用しても、売電金額で使用電気料金とローン金額が相殺され0円というので満足していた数年前とは違い、割と高額な屋根貯金が産まれるようになってきました。
しかも、機器の保証期間も10年が当たり前だったのが今や15年保証をしていますから、ローン期間中保証されるということになります。
それに、地域によっては国に県に市などと3カ所から補助金が出ますから、それも大きな助けになります。
それらのメリットは調べると解ることなのですが、案外解らないのが、自分の屋根にあったシステムメーカーです。
色んなメーカーを扱っている業者はたくさんあるのですが、特定のメーカーとの協力体制があり、客に選択をさせずに無理矢理、一つのメーカーを押しつける業者もあります。
太陽光発電のメリットの享受を最大にしたいと思うのであれば、業者選びを失敗しないことでしょう。
どの業者がよいかという点は体験者のみぞ知ることですから、体験者談を元に優良業者をランキングしている情報をチェックするのも良いでしょう。
メーカー選びからアフターメンテナンスまでの業者の対応を体験者の内容から理解することです。
我が家の太陽光発電機器取り付けも、業者の情報収集が成功の元となり、電気代を差し引いても毎月1万5千円ほどの利益が残ります。
夏冬共にエアコンのお陰で快適な生活をすごしています。
それでも昼間の電気代は0円ですし、日が暮れてからの電気代は非常に安いです。
そのような細かな快適な面も、自ら味わってこそ知ることです。
今後、売電価格も補助金も下がる傾向にありますから、優良な業者に散り付けをしてもらうのは、できるだけ早めが良いと思います。