太陽光発電は数多くのメリットを備えていますが、その中で唯一のデメリットとも言える高額な設置費用が数多くのメリットを打ち消してしまい設置に足踏みしてしまう世帯を増やしている原因となっています。
設置費用は各太陽光発電メーカーにより若干異なりますが、大体kW単価50万円、4kWのシステムを設置すると200万円以上かかってしまうこともあります。
この設置費用を数年から十数年かけて回収できる固定価格買取制度というものもありますが、設置費用を抑えることにつながるわけではありません。
設置費用を抑えるポイントは2つ、各太陽光発電メーカーの設置費用を比較し最も低価格のメーカーへ設置を依頼すること、もう1つが補助金制度を活用することです。
各太陽光発電メーカーの設置費用を比較して最も低価格のメーカーを探すという方法は設置費用を確かに抑えられますが、設置費用だけでなく発電効率、保証・寿命年数も考慮しなければ設置費用だけ抑えられても意味がありません。
性能の良い、保証がしっかりしている太陽光発電は当然設置費用も高くなってくるので、固定価格買取制度を活用する為にも長く安心して使い続けられることを前提に設置費用を抑える努力をしましょう。
大阪府守口市で太陽光発電メーカーを探す際にはインターネットによる情報収集、一括見積もりサイトを利用するなどしてシステム規模ごとの設置費用を比較しておきましょう。
補助金制度はお住まいの地域により受け取れる金額が異なりますが、守口市では残念ながら現在利用できる補助金制度は無く、大阪府も受付終了となっているので利用できるのは国からの1kW当たり3~3.5万円のみとなっています。
他の地域でも補助金制度は予算が上限に達した時点、若しくは先着順で締め切られるケースも多いので、お住まいのエリアの補助金制度はどうなっているか一度問い合わせておきましょう。
補助金制度が再開されるまで設置しないというのも手ですが、固定価格買取制度の売電価格も年々下降傾向にあるので個人的には早めの設置が吉です。