これは私の知り合いの話なのですが、東日本大震災の時にはその方の暮らしている地域は停電になってしまったのだそうです。
しかしその方の家は太陽光発電を導入していたので震災の時にはかなり役立ちました。
他の家は停電で電気が使えない状態だったのですが、その方の家は太陽光発電によりエアコンやコタツが使えたのです。
ソーラー発電の場合は普通の電力会社から配給される電力とは全く違った仕組みになっていますので、災害の時でも太陽がある限りは発電できます。
ただ、そのままでは太陽光発電機があっても使えません。
非常用のコンセントがあるのでそれを使うのだそうです。
そしてパワーコンディショナーの操作も必要になります。
しかしそれらは簡単な操作でしたのですぐにその方の「家庭では使えたのだそうです。
ですので真冬でしたが暖かく過ごすことができました。
また、その後電力会社の電力が復旧して使えるようになったものの節電を余儀なくされるようになり、他の家庭ではかなり不便が強いられたものの、そこの家では関係なく夏もエアコンを我慢せずに過ごせたそうです。
このように災害時にはかなりのメリットがあります。
最初はその方もソーラーエネルギーを導入することについては少し不安もあったそうですがいざというときにこれだけ役立つのでしたら、導入して良かったと思っているそうです。
また、電気代の節約や災害時の時のメリットの他にもエコに貢献できるという点も凄くいいところだったと言ってました。
確かに今原子力発電所の存在が議論されていますが、太陽光発電の場合は全く被害を及ぼす事はありませんし、かなりのクリーンなエネルギーです。
自分が市販の電力を使わないことによって少しでも原子力発電所の必要性を減らせるのはいいかも知れません。
知り合いの方はソーラーエネルギーを取り入れてからというものかなりの多くの恩恵を受けられたということでかなり満足されています。
確かにそれはよく分かりました。