太陽光発電と言えば、設置されている黒いソーラーパネルに日光の光をあてることで、太陽の熱エネルギーを電力に変える発電方法を言います。
そして、太陽光発電はエコな発電方法と言われています。
その理由としては、太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを利用することから、天然資源を利用しないため、石油の採掘などを行う必要がありません。
そのため、地球の資源の浪費とはならず、環境に配慮をすることができます。
また、二酸化炭素などの有害物質が発電時に発生しないため、その点でも環境に配慮しているといえます。
住之江区では、新しく建設される家屋の屋上にソーラーパネルを設置する予定の人が多く居ます。
また、既存の建物においても、その屋根を利用してソーラーパネルを設置し太陽光発電を導入する人が増えてきています。
ソーラーパネルの設置工事は通常半日程度で終わるため、設置にかかる時間は極力少なくて済みます。
そして、住之江区内にある企業でも、その敷地内にソーラーパネルを設置して太陽光発電を行うところが増えてきています。
企業が太陽光発電を行う場合、得られた電力を自己利用できることから、電気代などのコスト節約にもなります。
また、停電が起こった際に貯蓄しておいた電力を使用することもできるため、仕事への影響も少なくて済みます。
さらに、多くの電力を発生させる場合には電力会社へ電力を売ることもできるため、企業にとっては収入源になります。
メリットがたくさんある太陽光発電なので、こらから住之江区ではさらに導入されていくでしょう。