太陽光発電のコストを考えてみよう

自分の家の屋根で太陽光発電を考えている場合、どうしても気になるのはコストでしょう。
誰だって、どれくらい費用がかかるのかが気になるものです。
いくらクリーンエネルギーとはいえ、コストが高すぎてしまえば、導入することは困難になってしまうでしょう。
どうしても、設置費用が高いということもあって、興味はあるけれども、調べることすらやっていない人が多いんじゃないでしょうか。
設置費用が高いというイメージがかなり先行しているんじゃないかって思います。
そこで、実際には、コストがどれくらいかかってしまうものなのかを調べてみてはって思うんです。
最近は、かなり海外の業者の参入も増えてきていることもあって、設置費用を安く抑えやすくなっているといってもいいでしょう。
やはり、中国の業者は、設置費用が安く抑えられるようです。
だいたい、太陽光発電のシステムを導入するとなると、1kwあたり50万円から65万円程度になるでしょう。
これは、かなり設置費用が抑えられてきていると考えられます。
以前は、この何倍ものコストだったんです。
かなり設置しやすくなってきたといってもいいのかもしれません。
それに、国や地方自治体などから補助金が支給されるので、自分たちが用意する費用は、もっと抑えることができます。
ここで注意しておかなくてはならないのは、補助金を支給している地方自治体も多いのですが、支給していない地方自治体もかなりあります。
以前は、補助金を支給していたけれど、すでに、受付が終了しているということも珍しくはありません。
また、リフォームで太陽光発電を設置する場合は、新築住宅で設置するよりも費用が高額になってしまいます。
仮設工事や電気工事の代金が新築の場合は含まれていますが、リフォームとなると別にかかってしまうからです。
どうしても、興味はあってもコストが気になってしまうのではないかって思いますが、魅力的だと思いますから、調べることはやっておいてもいいんじゃないでしょうか。