福島第一原発の事故以来、私たちはエコとエネルギーについて個人的に真剣に考えだしました。
巷では原発をすべて止めろ!という声も出ていますが、果たして企業頼みにしていいのでしょうか?これからは地球のことを考えて自分たちが使うエネルギーくらいは自分たちで賄ったほうが良いと思いました。
たった一人でもエコな太陽光発電に切り替えることで、近所の人たちが賛同してどんどん太陽光発電導入が伝染して言ってくれたら非常にうれしいことはありません。
岸和田市という大阪の郊外にある街ですが、この街はご近所同士の団結が非常に強い街ですので、自分からまずエコな太陽光発電を導入してみることで、少しずつ自家発電の輪が広がることを祈ります。
たった一人しかしていないことだって、素晴らしいことだときっと周りも導入し始めるものだと考えます。
これからは企業に頼らないで、自分で太陽光発電の力で自家発電をしてみましょう。
きっと何か変わるはずです。