この数年大きな脚光を集めている太陽光発電システムとは、簡単に説明するなら屋根上に設置したソーラーパネルにより日光を電気に変換するシステム機器です。
住宅の屋根上に設置したソーラーパネルで日光から変換した電気は直流電流なので、住宅内で使用できるように交流電流に再変換します。
発電した電気を住宅内で使いきれないときには余剰分を電力会社へ販売できるので、太陽光発電システムの設置には経済的なメリットも伴うでしょう。
一般住宅への太陽光発電システムの普及は、余剰電力の電力会社の引き取り価格がkw時あたり48円に引き上げられてから急増しています。
大阪市住之江区でも、一般住宅の屋根にソーラーパネルが続々と新たに設置されており、かなり速いペースで太陽光発電システムの普及が進みつつある状況といえるでしょう。
大阪市住之江区でも太陽光発電システムを導入する家庭が急増している要因として、原子力発電所の稼働状況が今後も不透明なため、エネルギー問題に深い関心を持つ方が増えている事が理由としてあります。
加えて二酸化炭素排出による地球温暖化が深刻化している点について、環境問題を考える人が増えている事も理由としてあるでしょう。
さらに、太陽光発電システムの導入を国や地方自治体がバックアップしており、初期費用に補助金が支給されるという金銭的なメリットもあります。
多くの家庭が太陽光発電システムを導入することにより、社会的に認知されてきたことも理由となるでしょう。