大阪の住之江区といいますと、大阪の区の中で最も面積が広い事でも知られています。
海に面した地域ですので、大阪の全体的な特徴なのですが、
平地的な特徴を持っている地域になっています。
平地ということですが、太陽光発電にかなり適しているということもいえる地域なのです。
平地は最も太陽光発電適していまして、効率的な発電が可能です。
周りに大きな太陽をさえぎるような建物がなければ、
朝から夕方までしっかりとした発電量を確保していくことができるようになっています。
ただ、大阪の住之江区ですが、
やはり狭い土地に建物をびっしりと建てているような地域も多いです。
大阪ですので、地価も高いということで、
そういった建物が多くなってしまっているのも仕方のない部分ではあります。
複雑な形の建物の屋根に太陽光発電システムを載せていくことになるのですが、
問題は屋根の形状です。
上記したような理由でかなり特殊な形をしてしまっている屋根もあります。
そのようなところにのせることができるような太陽光発電でなければいけないのです。
特殊な形状の屋根への設置につきましては、
しっかりとできるメーカーとできないメーカーがあります。
出来るメーカーは特に小型の太陽光発電システムに強いものです。
ですので、小型の発電システムをい多数販売しているメーカーをまずは探しましょう。
複雑な形の屋根でありましても小型のタイプでしたら、
しっかりと乗せていくことができるようになっているものです。