住宅の屋根に太陽光発電パネルを設置して、自宅で使う電力を自分たちで発電して使おうというライフスタイルをとっておられる方が最近増えてきています。
こうすることのメリットは、経済面環境面の二つがあります。
太陽光発電は、太陽の光を使うだけですので、火力発電のような温室効果ガスの二酸化炭素を全く出しません。
そのため環境に非常によいのです。
また、太陽光発電は仮に壊れてしまっても、それは発電がストップするだけで、大事故につながる恐れもありません。
また、太陽光発電装置で発電された電力は売ることもできます。
これは誰に売るのかと言いますと、電力会社が買い取ってくれるのです。
これは『余剰電力買い取り制度』という国が定めた法律によって決められており、現在ですと1kwあたり42円という固定の金額で10年間買い取ってくれるという契約をすることができます。
もちろん、こちらから送電するだけでなく、発電量が少なく電力会社から電力を買いたい場合も従来通り買うこともできます。
最近特に住宅用の太陽光発電の設置が増えてきている最大の魅力はこの余剰電力買い取り制度による買取によって約10年後には初期費用の元が取れるという部分です。
太陽光発電は設置後は基本的にメンテナンスが不要ですので、設置後は安定して売った電力による収入が入ってくることになります。
しかしながら、東京や大阪のような都市部の場合にはせっかく太陽光発電パネルを設置したのに後で高層ビルができてしまったことで発電量が一気に落ちてしまったというトラブルも発生しています。
そのため、このような都市部で太陽光発電を検討されている方は、装置や補助金に気を付けるだけなく、周辺環境の都市計画についてもよく調べてから行う必要があるといえます。