最近エネルギー生産を取り巻く環境は大きく変わってきました。
エネルギー生産の過程で生み出される温室効果ガスなどが原因とみられる地球温暖化や異常気象が世界的な問題になっています。
また、日本では東日本大震災を機に原子力発電の安全性などの問題が議論されるようになりました。
しかし、私たちの生活にエネルギー生産は欠かせません。
そこで、最近注目を浴びるようになったのが再生可能エネルギーです。
クリーンエネルギーとも言われるこのエネルギーは自然界に存在する力を利用し、
電気を生み出すので、安全で持続可能なエネルギー生産を実現します。
主に水力、風力、地熱などがありますが、
その中でも特に注目されているのが太陽光を利用した発電です。
他の方法が専門的な知識や設備などを必要とする一方で、
太陽光発電は私たちの最も身近にある再生可能エネルギーです。
もちろん、国や地方、企業という大きな単位でも太陽光発電の普及に大きな力を入れていますが、
私たち一般市民でも家庭にソーラーパネルを設置して、
太陽光発電をすることができます。
そういったことから私の家でも太陽光発電を取り入れた生活を考えました。
太陽光発電には様々なメリットがあります。
まず、導入する際に気になる維持管理の問題が非常に手軽なことです。
ソーラーパネルのような大きな機材を扱うには不安があると思います。
しかし、設備はすべて業者の方が設置してくれます。
また、ソーラーパネルを含め、その後の設備管理は必要ありません。
例えば、ソーラーパネルの上に落下物が乗ったとしても勝手にすべり落ちるように計算し、
設置されています。
また、雪が積もった時は発電量が落ちるので雪かきをした方がいいかとも考えましたが、
屋根に上って作業する方が時間や体力などの労力を使うので放っておいてもかまいません。
ソーラーパネルは強度設計がされているので壊れることはほとんどありません。
次に、なんといっても家庭で電力を生み出しているので、
電気使用料金が低く抑えられることが魅力です。
もちろんその日の日照時間や天気によって生産される電気量も変わってきますが、
間違いなく日々の助けになってくれます。
また、家庭で使いきれなかった電力は電力会社が買い取ってくれることもあるので、
電力を多く発電した日は得した気分になれます。
そして、家庭で発電をしているので、
災害などの非常時に電気を生産できるのが安心できるポイントです。
最近ではこういったことに意識を向けるようになり、
家族を守るために太陽光発電にして良かったと思えるようになりました。
最後に身近でエネルギーが生み出されることにより、
よりエネルギーの大切さを感じられるようになりました。
普段、我々は電力会社から供給される電力を何気なく、意識せず、
使っていることがほとんどだと思います。
しかし、家庭で日々の電力生産をチェックしていると、
エネルギーに対する意識が変わるようになりました。
そういったことを感じられて本当に良かったです。