最近では、太陽光発電の導入が日本全国で進められています。
そして、各自治体は太陽光発電システムの設置に関して、補助金を出すなどして、積極的に太陽光発電の導入を進めています。
平成24年度の予算においては、守口市では補助金の支出枠は設けられていませんが、それでもなお太陽光発電を導入する個人や法人は増えています。
その理由としては、太陽光発電は、経済的であるということが挙げられます。
原子力発電や火力発電は、発電所の供給する電力を利用するため、限りがあります。
そして、原子力発電所の稼働が控えられている現在では、電力に乏しく節電が求められています。
しかし、太陽光発電システムを導入した場合、自ら電力を作り出すということで、節電要請にこたえることができます。
さらに、発生させて余った電力を電力会社に売却することも可能なので、新たな収入源の確保にもつながります。
そして、昼間に太陽熱を利用して発生した電力は貯蓄が可能となります。
そのため、夜間にその貯蓄しておいた電力を利用できるので、電気代の削減にも寄与します。
また、万が一地震や雷などが原因で停電が発生してしまった場合にも、ためておいた電力をしようできるので、防災の観点からも安心です。
また、太陽光発電システムは、環境に優しい発電方法であるということも導入が進められている理由になります。
たとえば、火力発電の場合だと、石油や石炭などの天然資源を燃焼させて電力を発生させるため、限りある資源が消費されてしまいます。
さらに電力発生時に有害物質である二酸化炭素などが発生して、地球温暖化につながってしまいます。
他方、太陽光発電は、太陽の熱という自然のエネルギーを利用するため、安全で、環境に優しいといえます。
このような理由から、個人の自宅屋上に太陽光発電システムを設置したり、企業の建物の屋上や敷地を利用してソーラーパネルを設置するなど太陽光発電の導入が広まっています。
そこで、守口市の個人宅や企業でも、太陽光発電を取り入れるところが増えているようです。