去年の震災の後、急激に太陽光発電に注目が集まったと思います。
今、性能の良い太陽光発電を製造する会社も多くなっていると思いますが、ネットで比較も出来るので情報をしっかり調べて導入を考えるようになりました。
以前、特集で観た内容が忘れられません。
ヨーロッパの何処の国か忘れましたが、自分の家の屋根に設置した太陽光発電で余った分を電気会社に売っているようでした。
太陽が燦々と多い地域では絶対にお得だと思えます。
何と言っても事故と言っても、原発の事故と比べても全然比較にならない程安心です。
今回のあの事故は世の中に放射能の怖さを知らせる結果になったと思います。
事故は人間の作る物なので有り得ます。
しかし、太陽光発電の事故などは放射能の心配が無いだけでも気楽でいられます。
アメリカへ旅行をした時、太陽光発電のパネルが広大な敷地に設置されていた所がありました。
また、あるサイトを眺めていると個人の家のベランダに太陽光発電のパネルを買って自分で電気を使えるように工夫をしている人がいました。
これはある程度の技術が無いと難しいようです。
簡単に出来るなら是非私も設置をしたくなります。
例えば、その電気である一か所の部屋の電気を賄うような形でも良いと思います。
そのうちに簡単にそれほど技術が無くても電気を取り入れる事が出来る太陽光発電の活気的な方法を考え出して欲しいものです。
もし、それが出来るなら見映えは悪いですがきっと2か所ぐらい敷地に置いて2つぐらいの部屋の電気がそれで賄う事が出来たら素晴らしいです。
例えばキッチンは結構電気を使いますが、その部屋が太陽光発電のパネルで取り入れる事が出来れば理想です。
テレビである自給自足のような生活をしている人がやはり、電気は自分でパネルを買ってきてそこから電気を取り、電力会社からは電気を買っていないという話でした。
電気代は高くなっていくので、あんな風に簡単にそのような事が出来るというのは夢のようです。
その方は電気の量は多くないので決して贅沢は出来ないようでした。