岸和田市では、地球温暖化防止対策のために、住民や企業による温室効果ガスの排出抑制と太陽熱などを利用した新エネルギーの普及を進めています。
その方法の一つとして、住民による住宅用太陽光発電システムの設置に際して、補助金制度を設けています。
従来の火力発電では、発電をするために、石油や石炭などの天然資源を用いる必要があり、また発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスが発生して、地球温暖化を促進する結果となっています。
そこで、太陽熱という、無限のエネルギーを利用して、発電時に温室効果ガスを排出しない太陽光発電が見直されています。
通常、太陽光発電のシステム設置については、コストがとてもかかります。
そのため、設置をとまどう人もいます。
しかし、国や自治体が補助金制度を設けることで、コスト負担が減り、設置を導入する人が増えます。
岸和田市でも、補助金制度を設けたことで、太陽光システムに関心を持ち、住戸の屋上などにシステムを設置する人が増えました。
今後、ますます太陽光発電システムは広まっていくでしょう。