太陽光発電には「発電時に温室効果ガスなど有害物質を排出しないクリーンなエネルギーである」ということや、「設置するための費用には補助金が支給される」、」「太陽光発電でつくった電力を電力会社に売却することができる」といった経済的なメリットもあります。
こういった理由から東大阪市にお住まいの方も「太陽光発電を自宅に設置しよう」と考えているでしょう。
このように、太陽光発電について興味を持っている人はたくさんいるでしょうが、太陽光発電がどのような仕組みで電力を作り出しているのかということについては「よく分からない」という人がほとんどではないかと思います。
そこで、太陽光発電がどのように電気を作り出しているのか、簡単に説明してみたいと思います。
太陽光発電は太陽電池に太陽の光が当たることで電気をつくり出します。
太陽電池は2種類のシリコン半導体「n型半導体」と「p型半導体」によって構成されています。
この2つの半導体は互いに反対の性質を持っていて、n型半導体はマイナスの電気を、p型半導体はプラスの電気を帯びる性質があります。
太陽電池に太陽の光が当たると、電池の内部は「マイナスの電気を持つn型半導体」と「プラスの電気を持つp型半導体」で満たされることになります。
すると、磁石のようにマイナスとプラスは引き寄せあい、活動性の高いマイナスの電気がプラスに向かって移動をはじめます。
これが電流となり、電気が発生するのです。
ただし、この時に発生する電流は直流の電流です。
ご存じかもしれませんが、家庭で使われている電気製品は交流の電流が使われます。
つまり、直流電流のままでは家庭で使うことができないのです。
そこで、直流電流を交流電流に変換しなければなりません。
これを行うのがパワーコンディショナーと呼ばれる機器です。
ですから、太陽光発電の性能について知りたいならば、太陽電池の性能だけでなく、パワーコンディショナーの変換効率も確認しておく必要する必要があります。
そうすることで、太陽光発電の総合的な性能を比較することが可能になります。